89800円からの自費出版

『ママと私の交換ノート――高機能自閉症と向き合って』

自閉症を理解できる!「ママと私の交換ノート」絶賛発売中

自閉症のお子さんがいるご家庭の悩みは大きいと思います。
「ママと私の交換ノート 高機能自閉症と向き合って」(著者:卯月K子)は、自閉症についての理解が深まる書籍です。自閉症を持っている卯月K子さんとその母親との交換ノートの内容が描き出されています。

・娘(K子)からママへの質問
・ママから娘への質問

上記がこの本の大部分を占めています。

母親と娘がお互いにノートに質問・回答することにより、少しずつ理解が高まってゆくのがよくわかります。そして自閉症を持った著者の前向きな姿勢には感動すら覚える内容となっています。

自閉症を持つ親が特に分からないで悩んでいるのが、パニックになる場面でしょう。その点についても述べられています。

筆者によると、

・現実
・夢
・妄想

以上の3つがごちゃ混ぜになってしまい、パニックを起こしてしまったそうです。しかし、それは小さい頃までで、大きくなるごとに少しずつ改善されたと本人が語っていました。

また、筆者が本書で述べているなかで特に素晴らしい言葉があります。

・もし、「人と違うところを治す薬」があっても、私は1粒も、1滴も飲もうとは全く思わない。

という言葉です。
自分の高機能自閉症を個性と捉えているのです。自閉症のお子さんを持つ親御さんにとっては、これほどうれしい言葉はないはずです。


本書は、随所に著者である卯月K子さんの可愛らしいイラストが随所に描かれています。文章だけの本ではなく、読みやすくなるように工夫されています。




全国書店・アマゾン・青山ライフ出版にて絶賛発売中です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。