89800円からの自費出版

「擬宝珠の花」出版

里山の自然を歩き小編に

名古木の岡田榮子さんが「擬宝珠の花」を自費出版


「擬宝珠の花」

金子教育長(右)に寄贈した
 名古木在住の主婦、岡田榮子さんが秦野の自然を紹介することで、自然の大切さを知ってもらおうと「擬宝珠の花」を2月に自費出版。3月6日には市教育長室を訪れ、市教育委員会へ寄贈する本を金子信夫教育長に手渡した。

 「擬宝珠の花」は岡田さんが里山の自然を歩き、観察途中で出会ったことや感じたこと、それらにまつわる思い出、人との出会いなど、書き留めていたものをまとめた小編。動植物や石、子どもたちとのふれあいや、イギリスを訪れたときのことを、豊富な写真とともに紹介しており、子どもから大人まで、あらゆる世代が楽しめそうだ。タイトルの「擬宝珠の花」は、岡田さんにとって忘れられない花で、母親を思い出しながらつけたもの。

(タウンニュース 秦野版より)
http://tinyurl.com/3dfgnz





タグ:擬宝珠の花
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。