89800円からの自費出版

いかに自費出版本を売るか


「本を書店に流通させるか否かは、出版形態で分けることではありません。出版社がアマチュアの本をなるべく多く売ろうと考えるのなら、販売する価値のある優れた作品を見極め、丁寧な編集をして良質な本づくりをし、売るための販売体制をとることが必要なのです。」

(下記、サイトより引用)

出版界の人間はまさに肝に銘ずべきことですね。
原点を忘れてはいけません。

http://www.janjan.jp/media/0703/0703030974/1.php


タグ:自費出版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。