89800円からの自費出版

ブログを本にする人が増えています

ブログを紙の本にする人やサービスが増えています

以下引用

ブログ(日記風サイト)を本にする自費出版サービスの利用者が増えている。育児日記や園芸の観察誌といった身辺雑記を本にし、身近な人に配るケースが多いという。電子メディアを活用する人々の紙媒体への“回帰”。いったんネットの世界に漬かっても、その「現実的な手応え」のなさに物足りなさを感じ、書物に向くケースが多いようだ。(産経新聞より)

ブログの製本サービスは続々と登場している。クインランドがサービスを始めたのは17年11月。利用者がすべてのレイアウトをできるのは珍しいという。料金は本のサイズや、カラーかモノクロか、などで異なるが、B5版カラーの場合、「基本料金1050円」と「40円×ページ数」となっている。

 「ブログユーザーから、記事を本にして家族や親類、友人に配りたいという声が以前から数多く寄せられていた」と、ソリューション統括本部長の木脇大介・執行役員。申し込みは毎月15件ほどあるという。

 やはりブログを運営する「ティーカップ・コミュニケーション」(東京)は2年ほど前から製本サービスを実施。レイアウトは基本的に同社が行い、200ページ程度の本の場合、1冊約1万5000円かかる。「子供の成長記などの製本を希望する人が多い」という。

 大手では「アメーバブログ」を運営するサイバーエージェント(東京)が17年8月、製本サービス「アメブロ!de本」をスタート。1冊から注文可能で、「モノクロ印刷1900円から」「カラー印刷4700円から」などとなっている。

http://www.sankei.co.jp/keizai/it/070212/itt070212000.htm


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。