89800円からの自費出版

アメリカの自費出版事情

CNETジャパンに以下のような記事が出ています。

------------------------

「自費出版は損をする」はもう古い--誰でも簡単、オンライン出版

 2002年、写真家のHolly Kreuter氏は、米国ネバダ州で毎年開催される野外アートフェスティバル「Burning Man」に関する本を自費出版した。

 この本を出すためにKreuter氏は、1万4000ドルの自己資金を投じ、6万ドルの借金を作った上に、発送作業を自分で行わなければならなかった。だが、そうして作られた「Drama in the Desert:The Sights and Sounds of Burning Man」は、いまだに友人の家の地下室に山積みされている(実は筆者も、この本の編集を有志で手伝った)。

 2007年の今なら、Kreuter氏はこうすればいい。この本をオンラインで自分で作成する。この本は144ページのハードカバーなので、1部当たり39.95ドルで製本を発注する。または数量割引の利く大量発注を行う。価格を自分で決め、販売する。発送と請求を行う。これらすべてを、「Blurb.com」に任せる。

------------------------

http://tinyurl.com/yvdg9a


いわゆるオンデマンド出版です。
既存の自費出版が高くつくというのはアメリカも同じようですね。

日本にもオンデマンド出版はありますが、
アメリカの方がデザイン性の自由度が高い気がします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。