89800円からの自費出版

自費出版のトラブル

この記事が事実なら
新風舎はかなり悪質です。

とにかく高すぎるのです。

ろくに手をかけないで、500部ぐらいつくって
200万円、300万円は
高すぎるのです。
それでいて売れるかもしれないという希望を抱かせるのが
ずるいのです。
99.9%売れるはずがないのですから。

逆に、本気で売ろうとするなら300万円ではどうにもなりません。

1000万円、2000万円かけて
営業マンが全国の書店を走りまわって
社運をかけるくらいの気持ちで宣伝しなければなりません。

でも、素人のおもしろくもない、平凡な作品に
そんなことをするはずがない。

それをやったら、会社がつぶれます。

冷静に考えればわかることなのですが、
自分には特異な才能があると思いたいのが物書きの人情。
そこを突いているのがずるいのです。

http://www.janjan.jp/media/0701/0701148009/1.php

自費出版自体が悪いのではないのです。
適正な価格を提示する出版社を選んでください。
タグ:自費出版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。