89800円からの自費出版

オンデマンド出版はどうやるか

1冊から作ることができる
オンデマンド出版
は最も安い自費出版といえます。

その代わり、いろいろな制限もあります。

ある定型の枠が決まっていて、その中に自分でつくった
文字原稿や写真、目次、表紙などをパズルのようにはめ込んでいくイメージです。

初心者にはいろいろ難しいことがたくさんありますが、
手取り足取り教えてくれる人もいません。

そういうことをすると、またその分の経費がかかってしまうからです。

それでも自分でやってみようという人はチャレンジする価値はあります。

勉強する気持ちがあれば安く自分だけの本を作れ、それを専門サイトで売ることもできるのですからやらない手はありません。

で、どうすればいいかというと、ボイジャーという会社が運営する
「ドットプレス」サービスというものがあります。

https://www.dotbook.jp/dotPress/

ここが個人で1冊からオンデマンド出版ができる唯一のサイトです。

さて、このサイトを見て、いろいろなサービスや手法の説明を読んでみてください。それで、できそうだという人は自分でやってみてください。

もし、これは自分では無理だ、難しすぎると思った人はどうするか。

文字の校正から、タグ打ち、オリジナル表紙の作成まで

すべて代行してやってくれる業者もあります。

電子出版の「ポケット.jp」です。http://pocket.jp

その分手数料は上乗せされますが、それでも5、6万円程度で

10冊、素敵な本がつくれます。

http://pocketondemand.seesaa.net/

タグ:自費出版
この記事へのコメント
他に

http://www.honninaru.com/web_order/publish/

でも、一冊から個人で本を作る事ができます。
実際私も人から頼まれて、作ってみましたが、
基本的にPDFの版下入校なので、素人さんにも
敷居は低いと感じました。
フルカラー、表紙カバー、ハードカバーなども可能です。大きさも様々可能です。

モノクロ110ページ、表紙コーティング、ソフトカバー、A5 の本で一冊1700円程になりました。
Posted by ardbeg1958 at 2007年02月14日 10:03
オンデマンド出版の方法に興味がありました。

出版を考えておりますので、

じっくり読ませていただきました。

Posted by hanachan-234 at 2009年11月18日 15:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ニートな旅日記
Excerpt:             幸田回生 1  グラスゴーに行こうと思うんですよ。 夜で
Weblog: 幸田回生
Tracked: 2007-02-02 08:28

マイ・ボニー
Excerpt: 幸田回生                1  父は自分の過去をあまり語らなかった
Weblog: 幸田回生
Tracked: 2007-02-03 19:08

ペーパークラフト
Excerpt:               幸田回生 1  わたしは、井上さやか、もちろん女よ。
Weblog: 幸田回生
Tracked: 2007-03-24 09:17

貧民窟
Excerpt:            幸田回生 1  21世紀を迎えた先進工業国の日本に貧民窟が
Weblog: 幸田回生
Tracked: 2007-03-30 17:09
にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。