89800円からの自費出版

電子書籍と脳の関係

電子書籍と脳の関係

先日、実業之日本社から、『脳を創る読書』(著者/酒井邦嘉)という本が出版され、話題になっています。新聞で取り上げられているので、読んだ方もいらっしゃると思いますが、本書は読んだ内容を記憶しやすいのは、「紙の本か電子書籍か」という単純な比較ではなく、記憶を呼び覚ます「きっかけ」となる視覚情報、あるいは身体情報の多さについて述べられているようです。

人間は意識していなくても、視覚でとらえられたものは無意識に記憶しています。自分のことを考えてみても、家の中で探し物をしたり、友人との会話を思い出そうとしたり、あるいは子供のころの思い出を探っている場合、常にイメージから入っています。それはスチール写真の場合もあり、ムービー映像の場合もあります。そう考えると、記憶をよみがえらせる情報は確かに紙の本のほうが多いのではないかと思います。購入した書店、本の重さ、カバーのデザイン、紙をめくった感触、紙の匂い…などなど。そうした情報をきっかけに内容が蘇ってくることは確かにありますよね。

フォトリーディングという速読法がありますが、これは、見開きの頁を写真を撮るように、脳に転写していくという方法です。意識では理解できなくても、脳にその頁の情報が焼き付いているのです。そして、そこで何が述べられているのか質問すると、必要なキーワードが脳に浮かび上がり、内容を正確に理解していることがわかるのです。つまり、視覚情報は、言語や思考に置き換えなくても、一瞬にして脳に情報を送っていることになります。人間の能力って凄いですね。

話が少しそれてしまいましたが、では、電子書籍は本当に内容が記憶しづらいのか、といえば、それはまだこれからの研究課題のようです。様々な条件下での実験を繰り返して結論が出るのでしょうが、その間に、電子書籍がよりストレスフリーになるように改善されていくことは間違いないでしょう。いずれは、視覚情報と脳が直結するようなプログラムが組み込まれて、それこそフォトリーディングのように1冊を数分で読み、正確な情報がインプットされるかもしれません。(それが良いのか悪いのかは別として…)

今はまだ、紙本VS電子書籍という対立の構図ですが、やがてきちんと棲み分けが出来てくるのでしょう。それぞれの良いところを進化させて、仲よく共存する日を期待しています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。