89800円からの自費出版

出版の原点は「あふれる想い」

 青山ライフ出版の新刊、「新緑の五島列島 巡礼の旅」は、キリシタンの歴史や五島列島に興味のある人だけでなく、日々の生活にちょっと疲れを感じている方にもお勧めの一冊です。

 本書は、今年の5月、著者が3泊4日をかけて、51ある教会のうち20の教会を巡った旅行記です。それぞれの教会の歴史や、その建設に関わった島民たちのエピソードがとてもわかりやすく書かれています。教会の歴史は、キリシタン信徒たちの忍従の歴史でもあります。そうした信徒たちの想いに心を馳せてみると、現在の私たちは、なんて平和で穏やかな暮らしをしているのだろうと、その有り難さを実感することができます。

 島内の教会はどれも可愛らしく質素ですが、国や県の重要文化財に指定されているものもあり、建物の美しさを見て回るだけでも価値があります。五島列島教会めぐりガイドの最新版としても使えそうです。

 著者は「本を書くため」に五島列島の教会を訪れたのではありません。五島の教会を巡ることであふれてきた想いを「本」にしたのです。

「出版」の原点ですね。

9784904001349.jpg

この書籍はインターネット書店アマゾンで買うことが出来ます。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%90V%97%CE%82%CC%8C%DC%93%87%97%F1%93%87%81%40%8F%84%97%E7%82%CC%97%B7&x=19&y=21


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 本ブログ 自費出版へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。